ママが僕を殺した~実録・児童虐待死事件~のネタバレ!感想も!

今回は「藤田素子」先生の『ママが僕を殺した~実録・児童虐待死事件~』というマンガをご紹介したいと思います。

※記事中にはネタバレを含みますので、お先に立ち読みをお勧めします!
ココなら無料で見れますよ。

サイト内で「ママが僕を殺した」と検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『ママが僕を殺した』を読んでみる

ママが僕を殺したのあらすじ

親になる資格がない人たちが子どもを産んだため、必然的に起こってしまった虐待死事件。

この漫画は実際に起きた事件を基に、虐待の真実に迫る物語です。

埼玉県の女児放置死事件や、広島県の女児虐待死事件など、その悲惨で残酷な真実の闇に迫った衝撃作になっています。

あなたはこの凄惨な事実に真正面から向き合うことが出来ますか!?

最低な人間が犯す最悪な物語の幕が切って落とされます。

ママが僕を殺したのネタバレ

2015年11月、埼玉県に川合景子という女性が娘二人と暮らしていました。

娘は年子で姉が舞花、妹が千花といい4歳と3歳の姉妹です。

景子と内縁の夫の大河内ヒロヤが、千花に対して虐待をするようになったのは半年ほど前からでした。

お互い離婚経験のある二人は、この頃から彼のマンションで同棲を始めます。

最初の頃は千花だけに厳しい態度の景子を、ヒロヤはたしなめるような態度でした。

4人でお祭りに行った時も、景子は千花に厳しい態度を取っています。

千花
「あのねキャベツじゃなくてアイスだと思ったら食べれるよ」

野菜が嫌いな舞花が焼きそばの具材を残していたため、千花が優しく息を吹きかけ冷ましてあげていました。

千花
「うんとさまして、アイスアイス」

その姿を見た景子は、外出先にも関わらず千花に手を上げます。

川井景子
「汚いからだよ」
大河内ヒロヤ
「汚いっておまえどう見たって舞花のほうが・・・おまえこえーよ」

ヒロヤは景子を注意して千花を慰めてあげています。

千花
「キャベツ、フーであそこまでとんだ」
川井景子
「これだ、ムダに明るくてムカつくのよ、こいつ」
大河内ヒロヤ
「明るいのいいじゃん、おもしれーじゃんこいつ」

ヒロヤには元嫁との間に同じ年頃の子供がいたため、若い割には子供の扱いが上手でした。

それに対して景子はあまりにも未熟な母親です。

彼女は17歳の時に元の夫とできちゃった婚をしました。

舞花を産んだ頃は仲の良い夫婦だったのですが、千花を出産する時には夫婦関係は破綻していて、出産と同時に離婚することになります。

そのため景子は千花のことを疫病神だと思っていました。

千花を邪魔者扱いすることを友人にも公言し、近所の人の目があることも関係なく虐待をしていたのです。

彼女はその反面で恋愛に溺れる体質のため、ヒロヤなしでは生きられない状態になっていました。

この頃、景子はヒロヤの子供を身籠ります。

川井景子
「仕事探してももうイミないよね、ってか保育園の送り迎えもしんどそう、わたし結構つわり重いタイプで」

妊娠を喜ぶ景子に対して、ヒロヤの表情は優れません。

大河内ヒロヤ
「あのさムリじゃね?おまえ子供同じようにかわいがれないだろ」
川井景子
「千花のこと!?かわいがるよ、やさしくするから、ねえちゃんとしようよヒロヤ、ちゃんとした一家になろうよ」

彼女のこの言葉は、ヒロヤに想像以上のプレッシャーを与える事になりました。

仕事をしていても子供のことばかりを考えてしまい、集中することができません。

そしてこのプレッシャーからくるストレスにより、ヒロヤも千花に手を上げるようになっていきました。

空調整備士をしているヒロヤは、千花がその仕事を保育園の先生に教えたことを知ります。

大河内ヒロヤ
「なんで2週間かそこらしか通ってねえとこの先生に、そんなん聞かれなきゃなんねーの、めっちゃカンケーないんだけど」
千花
「先生ね、パパは千花たちのために働いてるんだよーって、パパにありがとうっていおうって」

しかしこの頃のヒロヤは自分の子供じゃない千花に対し、うざいという感情を抱いていました。

千花
「くさいのとんでけ、フーフー、お仕事帰りはいつもくさいから、千花”フー”でとばしてあげる」
大河内ヒロヤ
「逆撫でしてんのかコラ」

ついにヒロヤも千花を虐待し始めます。

この家族はヒロヤが千花を庇うことでバランスを保ってきたのですが、彼までおかしくなってからは虐待が一気に加速していきました。

二人は虐待を遊びのように楽しみだし、南京錠で千花を拘束したり、水を浴びせたりするようになっていきます。

その虐待の様子に近所の住人も気づくのですが、彼らの声が二人に届くことはありませんでした。

そしてついにエスカレートする虐待は、千花の生命に重大な危機を招くことになっていきます。

何の罪もない少女に待ち受ける残酷な運命とは!?

ネタバレはここまでになりますので、続きは漫画をご覧になってお楽しみください。

サイト内で「ママが僕を殺した」と検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『ママが僕を殺した』を読んでみる

ママが僕を殺したを読んだ感想

人とは思えないほどの最悪な行動に、読んでいて憤りを覚えました。

こんな最低な人が存在していることが未だに信じられません。

自分の子供に愛情を注げないことが、私には一切理解できませんでした。

このような人には厳罰を与えて欲しいですね。

虐待という社会問題が無くなるよう、何か良い知恵がないものかと頭を抱えてしまいますね。

それくらい深いテーマの作品なので、多くの人に読んでもらいたいと思いました。

サイト内で「ママが僕を殺した」と検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『ママが僕を殺した』を読んでみる

こんな人に読んでもらいたい

子供を持つ人に反面教師として読んでもらいたい漫画です。

この物語を読んで命の大切さを再認識してもらいたいですね。

全ての漫画ファンに目を通してもらいたい作品だと思いました。

『ママが僕を殺した~実録・児童虐待死事件~』は、現在ハンディコミックで無料の試し読みが出来ます。

まずはここで試し読みすることをおすすめしますよ。

そちらで読み足りない人は、こちらの方法も試してみてくださいね。↓↓↓

漫画を無料で読みたいなら・・・

漫画は基本的に無料で読むことはできません。

電子書籍サイトの無料立ち読みも全部読めるわけではありませんし、違法アップロードされた漫画をダウンロードして読むのはリスクがあります。

でも、どうしても無料で読みたい。

そんな時は「U-NEXT」が超おすすめです!

U-NEXTはこちら

U-NEXTはドラマ・アニメ・映画など全10万本以上の動画ある動画配信サービスです。

じゃあ、漫画は関係ないのでは?

そう思うかもしれませんが、
実はU-NEXTでは漫画も読むことができるんです!!

しかも、新規登録から31日間は無料です! 31日以内に登録解除すれば、1円も使わずに漫画を読むことができますよ!

ただ、最新巻などを読むときはお金がかかってしまうのですが、今なら特典で600円分のポイントが貰えちゃうんです!

U-NEXTで漫画を無料で読む

当たり前ですが、漫画だけではなく、動画も31日間であれば無料で視聴できますよ!