【モリのアサガオ】のネタバレと感想!画像もあります!

今回は「郷田マモラ」先生の『モリのアサガオ』というマンガを読んだので、ご紹介したいと思います。

※記事中にはネタバレを含みますので、お先に立ち読みをお勧めします!
ココなら無料で見れますよ。

サイト内で「モリのアサガオ」と検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『モリのアサガオ』を読んでみる

モリのアサガオのあらすじ

”わしらは朝早う咲いて、昼までにくたばってしまうアサガオの花といっしょやがな”

新米刑務官の及川直樹(おいかわなおき)は、元拘置所長である父親のコネでなにわ拘置所に配属され、父親の顔に泥をぬるまいと、懸命に死刑囚を管理する仕事に従事します。

”死刑囚は自分の死を待ちながら、ただ静かに自分の罪を反省するものだ”というのがそれまで及川が持っていた死刑囚に対するイメージでしたが、実際には、まったく罪を反省しない死刑囚が何人もおり、及川は働き始めてすぐに挫折しかけます。

そんなとき及川は、自分と同年代で誕生日もたった5日違いという渡瀬満(わたせみつる)とその刑務所内で出会います。

及川と渡瀬は子どものころに少年野球をしており、チームは別々でしたが、及川にとってこの彼“あこがれを覚えさせられるやや特別な存在”でした。

その渡瀬が悲惨な事件によって殺人を犯してしまい、裁判により死刑に処されます。

及川は渡瀬と同年代ながらの親密な交流を刑務所内で深めるうちに、渡瀬が殺人を犯した真相を知り、その生涯と心情に深く同情していきます。

様々な死刑囚を見守りながら、”死刑制度とそれぞれの囚人の生涯”を知りつつ命と向き合い、死刑囚に対する自分の思いを改め始めた及川の決意とは!?

モリのアサガオのネタバレ

コツ、コツ、コツ、コツ、・・・、死刑囚渡瀬満と看守たちの冷たい足音が、死刑台へと上っていきます。

渡瀬が死刑台の階段を上っていくとき、及川は渡瀬の肩をぽんと叩いて、“さぁ・・・がんばれ”と励まします。

縄を前にした渡瀬はそこに集った刑務官からも“これでお別れです。何か言い残したいことはありますか!?”と声をかけられますが、“何も・・・ありません”と目立った返答はしませんでした。

そう・・・ぼくたちはこの8年間にすべてを語り尽くしたんや。彼の人生・・・ぼくの宿命・・・そしてそれぞれの思いを・・・。

首に縄をかけられた渡瀬を見ながら、及川は渡瀬が自分に言った言葉を振り返ります。

渡瀬
「この世で最期に見るものは、おまえの顔にしたい・・・できることなら、最期に直樹を見てオレは死にたいんや」

ぼくは今、たったひとり心を許せた友を、自らの手で葬り去ろうとしている。

同じ年で・・・誕生日もたった5日違い・・・一方は死刑囚として・・・もう一方はそれを管理する刑務官として・・・長い時間をかけて分かりあえた親友を、今ぼくは殺そうとしている。

自分が子供のころにあこがれ、刑務所でも沢山の交流を深めてきた渡瀬との関係を思い出しながら、及川は自分と渡瀬の立場の違いに大きな疑問を感じ始めていました。

“父親のコネで刑務官になった”ということで、及川は入職初日から先輩の刑務官たちに煙たがられていました。

“けっ、ボンボンが遊び半分で務まると思っとるのかい!”や、“やっぱりキャリアだけの息子には何にもでけへんな!”などの言葉が、先輩の刑務官たちから飛んできます。

ある日、及川は先輩の刑務官である谷崎に付き、死刑囚の房へ巡回に行きました。

谷崎
「ほならさっそく朝の巡回に行きまひょか、死刑確定囚の書類は頭にたたき込んでまっか!?」
及川
「はいっ、バッチシ暗記しましたあ!!」
谷崎
「ハハハ・・・さすがにキャリアの息子さんは勉強熱心でんな」
及川
「はあ・・・」
谷崎
「ここにいてる確定囚21名は全員が人殺しで、みんな事件を起こした当時は、マスコミに騒がれた有名人ばかりやということは、知ってまっしゃろ!?」
及川
「は・・・はい」
谷崎
「今日からあんたはそういった連中を管理していく立場におかれたんや、見たところ頼りなさそうやけど、ビビったらあきませんでえ」

こんな調子で少し心細げに、及川は朝の巡回をしていきます。

死刑囚にはいろんな性格の持ち主がおり、穏やかに見える人、弁達者な人、落胆している人、精神的におかしくなっている人、趣味に励んでいる人、様々です。

囚人の中に石峰明(いしみねあきら)という48歳の男がおり、この男は7人の女性を凌辱したあと殺害し、金品を奪って逃走した犯罪者です。

及川は巡回中、この石峰に声をかけられました。

石峰
「よお新入りのニイチャン、おまえ女は知っとるんけ!?近頃のガキ共はませとるさかいのう。わしは二度と女を抱くこともでけへんいうのによお!!」

そうわめいていた石峰は、急に静かに呟きます。

石峰
「わしらはアサガオみたいなもんなんや。死刑執行はいっつも午前中に済んでしまいよる・・・わしらは朝早う咲いて、昼までにくたばってしまうアサガオの花といっしょやがな」
及川
「アサガオ・・・」

急に飛び込んできた“アサガオ”という言葉に、及川は少し面喰った表情をします。

様々な犯罪のために死刑囚になった人の最期を及川はその刑務所内で目の当たりにし、やがてその死刑囚にも個別の事情や思想があることを知らされます。

“死刑囚は残虐非道だから死んで当たり前!”とそれまで決めつけていた及川の、人の命に対する新たな決意が芽生え出します!

郷田マモラ先生の他の漫画の記事はこちらです↓↓↓

ニコラオスの嘲笑のネタバレと感想!真犯人は一体誰なの?

2017.02.23

サイト内で「モリのアサガオ」と検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『モリのアサガオ』を読んでみる

モリのアサガオを読んだ感想

とある囚人の言葉に死刑囚はアサガオのようなものといいます。

朝のうちに生きて昼には死んでしまう・・・そんな死刑囚たちの姿に驚きつつ、勤務する新米刑務官の揺れる心をうまく描いています。

その独特な表現に心を震わされましたよ。

サイト内で「モリのアサガオ」と検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『モリのアサガオ』を読んでみる

こんな人に読んでほしい

・社会問題に興味のある方

刑務所の刑務官と死刑囚とのやり取りを描いた本作は、死刑という事について深く考えさせられる作品です。

刑務官から見て囚人はどのように映るのか、また囚人はいかにして最期を迎えようとするのか、そういうところに人間ドラマを映し出したものと言えます。

あなたなら、彼らをどう思いますか?

少し考えたいなと思ったらまずは一読ください。

サイト内で「モリのアサガオ」と検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『モリのアサガオ』を読んでみる

漫画を無料で読みたいなら・・・

漫画は基本的に無料で読むことはできません。

電子書籍サイトの無料立ち読みも全部読めるわけではありませんし、違法アップロードされた漫画をダウンロードして読むのはリスクがあります。

でも、どうしても無料で読みたい。

そんな時は「U-NEXT」が超おすすめです!

U-NEXTはこちら

U-NEXTはドラマ・アニメ・映画など全10万本以上の動画ある動画配信サービスです。

じゃあ、漫画は関係ないのでは?

そう思うかもしれませんが、
実はU-NEXTでは漫画も読むことができるんです!!

しかも、新規登録から31日間は無料です! 31日以内に登録解除すれば、1円も使わずに漫画を読むことができますよ!

ただ、最新巻などを読むときはお金がかかってしまうのですが、今なら特典で600円分のポイントが貰えちゃうんです!

U-NEXTで漫画を無料で読む

当たり前ですが、漫画だけではなく、動画も31日間であれば無料で視聴できますよ!