【天獄の島】漫画のネタバレ!あらすじと感想も!

今回は「落合裕介」先生の『天獄の島』というマンガを読んだので、ご紹介したいと思います。

※記事中にはネタバレを含みますので、お先に立ち読みをお勧めします!
ココなら無料で見れますよ。

サイト内で「天獄の島」と検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『天獄の島』を読んでみる

天獄の島のあらすじ

元・戦争ジャーナリストだった御子柴鋭(みこしばえい)は、自分の家族を惨殺したという榊を追うためにわざと罪を犯し、すでに榊が送られた天獄の島へと向かいます。

死刑制度が廃止となり、江戸時代まで存在していた”流刑(島流し)”が復活したこの時代。

御子柴は流刑の第一級刑である”遠流”を利用して、家族の仇がいる天獄島へ行き、自分の目的を果たそうと躍起になっています。

しかしいざ天獄島へ到着してから御子柴は意外の展開を迎え、それまで確信していた”自分の目的”にもだんだん疑惑を覚えていきます。

何が真実なのか確定できない”宙づりのドラマ”に、御子柴はどのように自分の運命を見つけてゆくのか!?

天獄の島のネタバレ

法廷の被告人席には御子柴鋭がぽつんと突っ立ち、判決が下されるのを待っています。

裁判長が告げる・・・主文―被告、御子柴鋭。5名もの尊い命を奪ったその罪は重く、酌量の余地無しとし、新日本国刑法第×条により、第一級流刑”遠流”に処す・・・。

この時点で御子柴の遠流が決定し、”天獄の島”へ入島できるという御子柴の狙い通りになりました。

御子柴鋭
「(にやり)」

御子柴は主文が読まれた直後、不敵な笑みを浮かべています。

本島から天獄の島まで、囚人はまとめて船に積み込まれて向かうことになります。

そこで眼鏡の男が吐いてしまいました。

上妻裕史
「こいつ吐きやがった・・・汚ねえっ!!」

ザザーッ、海は大荒れに荒れています。

荒れ狂う海を見ながら看守たちは”島が入島を拒む積み荷が乗っているのか?”と疑います。

上妻裕史
「てて・・・冗談じゃねえぜ。まったくよ・・・なぁ!!」

上妻は看守の言う”積み荷(囚人)”の内でいちばん臆病な囚人で、何か喋ってないと、これから自分を襲うであろう恐怖に耐えられない様子です。

元銀行マンで、罪状は詐欺罪。

そしてその恐怖から上妻は、つい自分の隣に座っていた御子柴に話しかけます。

御子柴鋭
「・・・」

御子柴は一点を凝視しながら上妻には見向きもしません。

凝視するその表情は、まるで鬼のように固まっています。

そのまま荒波に身を任され、囚人を乗せた船は天獄の島へ到着しました。

到着後、囚人たちは洞窟のようなかび臭い通路を通り抜け島へと出ます。

通路を前にして囚人たちは、この島が我が国であってわが国ではなく、ここは国から共存することを拒絶された者たちの棲む島だと看守から聞かされます。

なんとも不吉なことを言われたまま、囚人たちは手錠を外され、無防備な状態で島へと放り出されました。

囚人にはいろんな人種がいます。このとき連れてこられた囚人も、口先だけの男、サイコチックな男、屈強な男といろいろです。

上妻裕史
「お・・・おい!もう行く気じゃねえだろうな。手錠も外れたことだし・・・一服くらいよっ!!」

しかし上妻の台詞は誰にも聞かれず、他の囚人たちはどんどん島の深みへ入って行きます。

その状況を見た上妻はただ、”大変なところへ来た・・・”と自分の状況を再確認しています。

いざ島の奥へ入ってみると、なんとものんきな風景が四人の前に広がりました。

上妻裕史
「な・・・なんだよ、へっ・・・何が出るかと思ったら、鬼どころか、ネズミ一匹見当たらないぜ・・・意外と”住めば都”で、他の受刑者もそこらで仲良くやってんだよ」

それまで、まるで獄門島をイメージさせてきた天獄の島に”パラダイスのような空間があるかも・・・”と、一縷の望みを持った上妻が期待しながら言いました。

そう言った途端のこと・・・。

ドッ!ドッ!と、二本の弓矢が屈強な男の顔面を射抜きました。

男は即死です。

御子柴鋭
「弓矢だ!!ふせろ!!」

”パラダイス”への淡い期待は早くも打ち消され、やはり獄門らしいサバイバルの世界が待っていました。

メガネの男はその悲惨な光景を見ていちばんに逃げましたが、逃げる途中、足を滑らせて谷底へと落ちていきました。

弓矢を放ったのは天獄の島の先住民、つまり囚人です。

その弓矢を放った犯人を突き止めるため、御子柴は勢いよく森林の中へと突っ込んでいきました。

逃げるさなかに御子柴についていく形となった上妻と、御子柴が森林深くで見たものは・・・!?

落合裕介先生の他の漫画の記事はこちらです↓↓↓

うなぎ鬼のネタバレや感想! 無料で試し読みならココ!

2016.08.17

サイト内で「天獄の島」と検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『天獄の島』を読んでみる

天獄の島を読んだ感想

ページを開いた途端から引きずり込まれるミステリーですね。

死刑が廃止され、代わって極刑が流刑になった日本で、流刑の第一級にあたる遠流になったある男の目的とは何なのかと気になります。

流刑者は多く、送られた島で暮らしているのですが、遠流に当たる天獄島に当たってはその凶暴さゆえに送致されたものばかり。

そんな島で男はどう生きていくのか、目が離せません!

サイト内で「天獄の島」と検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『天獄の島』を読んでみる

こんな人に読んでほしい

ミステリーやホラーが好きな方ならきっと満足していただける作品ですね。

とにかく、はじめっからジェットコースターに乗った感じで息つく暇がありません。

でも、そこに快感を覚えてしまうのは、人間の性ですかね。

『天獄の島』は、現在まんが王国で無料の試し読みが出来ます。

そちらで読み足りない人は、こちらの方法も試してみてくださいね。↓↓↓

漫画を無料で読みたいなら・・・

漫画は基本的に無料で読むことはできません。

電子書籍サイトの無料立ち読みも全部読めるわけではありませんし、違法アップロードされた漫画をダウンロードして読むのはリスクがあります。

でも、どうしても無料で読みたい。

そんな時は「U-NEXT」が超おすすめです!

U-NEXTはこちら

U-NEXTはドラマ・アニメ・映画など全10万本以上の動画ある動画配信サービスです。

じゃあ、漫画は関係ないのでは?

そう思うかもしれませんが、
実はU-NEXTでは漫画も読むことができるんです!!

しかも、新規登録から31日間は無料です! 31日以内に登録解除すれば、1円も使わずに漫画を読むことができますよ!

ただ、最新巻などを読むときはお金がかかってしまうのですが、今なら特典で600円分のポイントが貰えちゃうんです!

U-NEXTで漫画を無料で読む

当たり前ですが、漫画だけではなく、動画も31日間であれば無料で視聴できますよ!