おとむらい(若狭星)のネタバレ!ここで試し読みしませんか?

今回は「原作 根岸康雄 作画 若狭星」先生の『おとむらい』というマンガをご紹介したいと思います。

※記事中にはネタバレを含みますので、お先に立ち読みをお勧めします!
ココなら無料で見れますよ。

サイト内で「おとむらい」と検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『おとむらい』を読んでみる

おとむらいのあらすじ

人それぞれ様々な生き方があるように、最期を迎える葬式も様々なものがあってもいい。

そんな信念を持ちながら働く葬儀屋の人々。

常識外れと言われるかもしれない彼らの行動は、残された人達の心を救っていきます。

遺族の気持ちに寄り添う葬儀屋を描きながら、人生の意味を見つめ直すヒューマンドラマの幕が上がります。

おとむらいのネタバレ

高倉真澄は放射線技師として働いていますが、患者を治せない現実に嫌気がさしていました。

仕事を辞めた真澄が人骨を発掘するアルバイトを始めた頃、兄の義人が心臓病で入院することになります。

高倉義人
「どうだ真澄、仕事は順調か?」
高倉真澄
「大丈夫だよ、兄貴」

見舞いに訪れた真澄を、逆に気遣ってくれる義人。

彼は真澄が技師になるための学費を黙って出してくれたほど、弟想いの優しい兄です。

10歳違いの義人は、早くに亡くなった父親の代わりに、鋳物工場で働きづくめで家族を支えてきました。

そんな兄に仕事を辞めたことを黙ってはいられず、真澄は正直に話すことにします。

高倉真澄
「兄貴、ごめんなさい、実は技師の仕事を・・・」
高倉義人
「やっぱりなあ、昔から真澄が大丈夫って言う時は大丈夫じゃない時だもんな」

優しい笑顔を見せてくれた義人は、この数日後に帰らぬ人となってしまいました。

真澄が病院の霊安室に駆け付けると、義人は安らかな顔で眠っています。

家族と兄の死を悼んでいると、葬儀社の忌井という人物が訪ねてきました。

通常では病院の霊安室に安置できるのは約1時間です。

そのため葬儀社に心当たりがない場合は、病院側が遺族に葬儀社を紹介してくれるため忌井がやって来たのでした。

忌井
「このたびはご愁傷さまでした、ご遺体はどちらに搬送いたしましょうか?」
高倉真澄
「実家に運んでください」

義人が一人で暮らしていた実家は、病院から1時間ほどかかる東京の郊外にあります。

この家は真澄たちの父親が買った夢のマイホームで、祖父や両親たちをここから見送ってきました。

だからこそ義人のこともここから見送りたいと思ったのです。

忌井
「なんにでも要領というものがございまして、生きている人のように身体の中心に芯があると意識すると、ご遺体と一体になれるものです」

そう言うと忌井は義人の遺体を背負い、実家の中まで運んでくれました。

義人の部屋には映画のポスターがたくさん貼ってあります。

押し入れの中にも大量のダンボールがあり、その中も全て映画のチラシでいっぱいでした。

高倉真澄
「兄貴です」

ジェームス・ディーンの真似をする義人の写真を、忌井たちに見せる真澄。

真澄が兄にも夢があったことを語ると、忌井が義人の身体をほぐし始めました。

このように死後硬直した遺体を揉みほぐすことも、葬儀社の大事な仕事の一つです。

その次に忌井は義人の髭を剃り、死に化粧を施していきました。

彼の技術により、義人は眠っているかのような綺麗な顔をしています。

義人の葬儀は団地の集会所で執り行われることになりました。

殺風景な集会所を葬儀場に変えるのも、葬儀社の仕事です。

葬儀の参列者はそれほど多くはありませんでしたが、真澄は無事に兄を見送ることができました。

最後に兄の棺に花を添えていると、忌井が声をかけてきます。

忌井
「高倉さま、お兄さまがコレクションをしていたチラシなのですが、差し支えなければ棺の中に入れても構いませんか?」

忌井の提案により、献花代わりに多くのチラシを入れることにしました。

華やかなスターたちに囲まれ、義人もどこか幸せそうな顔をしています。

そのまま棺を火葬場に運び、葬儀は終了しました。

忌井
「終わりよければ全てよしというじゃないですか、お兄さまは華やかな人生でした」
高倉真澄
「本当に・・・派手な兄貴でした」

こうして忌井は一人の青年の人生を、華やかに見送ったのでした。

ネタバレはここまでになりますので、続きは漫画をご覧になってお楽しみください。

サイト内で「おとむらい」と検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『おとむらい』を読んでみる

おとむらいを読んだ感想

葬儀社の仕事を通じて、人生を考えさせられる物語ですね。

臨機応変に対応する忌井の仕事ぶりはお見事だと思いました。

彼のような葬儀社が身近にいると、遺族は安心できるでしょうね。

遺族の心に寄り添う彼の姿に感動しましたよ。

終活についてのコラムも掲載されているので、とても勉強になりました。

大切なものを学ばせてくれるこの漫画を、多くの人に読んでもらいたいですね。

サイト内で「おとむらい」と検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『おとむらい』を読んでみる

こんな人に読んでもらいたい

ヒューマンドラマが好きな人に読んでもらいたい作品です。

柔らかな雰囲気の中に、人の愛情がたくさん詰まった物語になっています。

心温まるストーリーをゆったりと楽しんでみてください。

『おとむらい』は、現在ハンディコミックで無料の試し読みが出来ます。

まずはここで試し読みすることをおすすめしますよ。

そちらで読み足りない人は、こちらの方法も試してみてくださいね。↓↓↓

漫画を無料で読みたいなら・・・

漫画は基本的に無料で読むことはできません。

電子書籍サイトの無料立ち読みも全部読めるわけではありませんし、違法アップロードされた漫画をダウンロードして読むのはリスクがあります。

でも、どうしても無料で読みたい。

そんな時は「U-NEXT」が超おすすめです!

U-NEXTはこちら

U-NEXTはドラマ・アニメ・映画など全10万本以上の動画ある動画配信サービスです。

じゃあ、漫画は関係ないのでは?

そう思うかもしれませんが、
実はU-NEXTでは漫画も読むことができるんです!!

しかも、新規登録から31日間は無料です! 31日以内に登録解除すれば、1円も使わずに漫画を読むことができますよ!

ただ、最新巻などを読むときはお金がかかってしまうのですが、今なら特典で600円分のポイントが貰えちゃうんです!

U-NEXTで漫画を無料で読む

当たり前ですが、漫画だけではなく、動画も31日間であれば無料で視聴できますよ!