主に泣いてます(東村アキコ)のネタバレ!あらすじと感想も!

今回は「東村アキコ」先生の『主に泣いてます』というマンガを読んだので、ご紹介したいと思います。

※記事中にはネタバレを含みますので、お先に立ち読みをお勧めします!
ココなら無料で見れますよ。

サイト内で「主に泣いてます」と検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『主に泣いてます』を読んでみる

主に泣いてますのあらすじ

紺野泉は、青山仁教授の専属モデルにして愛人。

それもそんじょそこらの美人とは桁が違う、超ド級の美人ときたら、群がる男どもも多いことこの上ないです。

そんな男どもを成敗するのが、美大を目指し青山のアトリエに通い詰めるつねちゃんの役目。

そんなアトリエに、新しく赴任したつねちゃんの先生で、青山教授の教え子、赤松は泉に惹かれるも、つねちゃんの蹴りで目を覚まします。

つねちゃんは過保護なのか、泉に変装をさせて赤松から守るのだけど・・・変装してデッサンできるわけがなく、赤松は悩みだします。

泉は仁が自分に振り向いてくれないことに・・・主に泣いてます。

へんてこな二人に、赤松はどう立ち向かうのか、ガツンと行きたいが、ゲイ疑惑をもたれ、変な方向へ・・・!

主に泣いてますのネタバレ

超ド級美人の紺野泉は、アトリエジン(青山仁のアトリエ)の専属モデルです。

だけど無職。

今日も今日とて就職活動をするのですが・・・。

紺野泉
「つねちゃん!ごめ・・・やっぱり・・・」

追いかけてくる面接官。

つね
「了解」

面接官、いえ社長がでてきて泉を口説きだします。

そこへズイッと割って入るつねちゃん。

つね
「おじさん、母に何かご用ですか」

いつもの光景にいつものセリフ。

美人ゆえに惚れられる事が多く、そのたびに中学生のつねちゃんに助けてもらってます。

つねちゃんは中学生で、美大を志望してアトリエジンに通う生徒です。

ある日、アトリエジンを取り仕切る青山仁教授が、イタリアへと旅立ってしまい、教授の生徒がつねちゃんの先生として迎えられることになるのですが・・・。

つねちゃんは、また泉に惚れてしまうやつがでるのではないかと警戒します。

そこへ、青山教授の生徒で、つねちゃんの新しい先生の赤松がやってきます。

赤松
「こんにちはーっ」

アトリエジンを訪れた赤松は期待を胸にドアを開けます。

つね
「お前が新しいバイト講師か」
赤松
「あっハイ、君、ここの生徒さん?」

そこで自己紹介をしようと赤松は声を出すが、つねちゃんがそれを遮るようにします。

つね
「いいか、今から大事な話するから耳をかっぽじってよく聞け」
赤松
「は?」
つね
「この教室には美人がいる」

その説明は長々と続きます。

つね
「美人って言ってもそんじょそこらの美人とは違うぞ、とんでもない美人だ、身長168センチ、スリーサイズ上から90・60・90のダイナマイトボディだ」

まだまだ伝え終わりません。

つね
「美大受験用のデッサンモデルから油絵の人物画モデルから、しまいにゃクロッキーのヌードモデルまでやるモデルさんだ、覚悟してから入れ」

怒涛の如く言われ、恐る恐る入る赤松が見たのは・・・。

紺野泉
「ホ、ホギャ」

泉もとい、子泣きじじいでした!!

泉はコスプレをしていないと、男を虜にしてしまうらしく、つねちゃんはそのコスプレを手伝ってます。

しかも、水木しげるシリーズで・・・。

子泣きじじいを前に赤松は恐る恐る尋ねます。

赤松
「ずっと・・・その・・・その恰好でいかれる感じですか・・・?」
紺野泉
「どうしようつねちゃん・・・」
つね
「お前がこの女に惚れない自信があんだったら子泣き解除してやってもいいぞ、そのへんはどうだ」
赤松
「・・・ほ・・・惚れられないために子泣きじじいのコスプレしてるってこと・・・?」
つね
「そうだ、ちなみにこれはレベルAからEまでのレベルDだ」

変なところに来たなぁと思いながら、赤松はここに来た経緯を話します。

赤松
「聞いてるよ青山先生から、美大目指してる子がいるから、しっかり指導してくれって」

すると、泉は椅子から崩れます。

紺野泉
「ううう・・・」
赤松
「だ・・・大丈夫ですかっ」
つね
「おいメガネ、お前、この女の前で仁先生の話するの極力禁止な」
赤松
「えっ・・・仁先生って・・・あ、青山教授のこと?何で?」
つね
「泣くから」

泣き崩れる泉をよそに、つねちゃんは赤松にこのアトリエにある絵、”I”シリーズは泉がモデルになっていて、それも仁の愛人であることを聞かされます。

つね
「くれぐれも惚れるなよ、青山仁のモデル兼愛人だぞ」

そういって、泉に子泣きじじいを解くように指示するつねちゃん。

そこに現れたのは・・・絶世の美女!!

紺野泉
「お待たせしました・・・」

ズキューン・・・!撃たれそうになった赤松につねちゃんのキックがさく裂します。

つね
「感謝しろ、危うく恋に落ちるところだったのを足ばらいで阻止してやったぞ」
赤松
「き・・・君は・・・何?いつもそんな感じなの?」
つね
「ああ、こう見えて優しさライセンス持ってるからな、とにかくトラブルはもう懲り懲りなんだ、これ以上講師に辞めらえれると困る、私は来年受験なんだぞ」

絶世の美女にびっくりした赤松は、冷静さを取り戻します。

そこへ、戻ってきた泉さ・・・いやこれは!

つね
「すわっ、平成のミスタープロレス武藤敬司だ!」

武藤敬司のコスプレでポーズを決めた泉さんだった・・・。

美人過ぎて残念な泉さん、すかさずフォローするつねちゃん、内心不安な赤松の三人が繰り出す、抱腹絶倒の日常のはじまりはじまり!

サイト内で「主に泣いてます」と検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『主に泣いてます』を読んでみる

主に泣いてますを読んだ感想

泉さんとつねちゃんの痛烈なボケ倒しに、赤松先生よろしく、一挙に玉砕してくださいとばかりに笑いが飛び交います。

青山教授のアトリエの専属モデルで超ド級美人で泣き虫な紺野泉さん、そして泉さんの守り神で美大志望のスーパー中学生のつねちゃん、そんな二人につるし上げられるゲイ疑惑がぬぐい切れない赤松の三人が、どうしたらこういう状況に陥るのってぐらいの笑いを届けてくれます。

一見、絵をテーマにしたような漫画に思われがちですが、絵よりもモデルさんの生き方というか、美人って大変だなぁってひと言がぴったりな作品です。

東村アキコ先生の他の漫画の記事はこちらです↓↓↓

かくかくしかじか(東村アキコ)のネタバレや感想! あらすじもアリ!

2016.08.12

【海月姫】漫画のネタバレ!無料で試し読みならココ!

2016.09.15

【東京タラレバ娘】漫画のネタバレ!無料で試し読みならココ!

2016.12.15

サイト内で「主に泣いてます」と検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『主に泣いてます』を読んでみる

こんな人に読んでほしい

コメディーが好きな方はもちろん、東村アキ子さんのファンには必読の一冊です。

なぜこんなに笑えるのだろうっていうぐらい、一つ一つの場面に笑いのツボが沢山あります。

もちろん、笑いの中には思わず、うんうんと頷いてしまう一幕もあり、多くの方に読んでもらいたい作品です。

サイト内で「主に泣いてます」と検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『主に泣いてます』を読んでみる

漫画を無料で読みたいなら・・・

漫画は基本的に無料で読むことはできません。

電子書籍サイトの無料立ち読みも全部読めるわけではありませんし、違法アップロードされた漫画をダウンロードして読むのはリスクがあります。

でも、どうしても無料で読みたい。

そんな時は「U-NEXT」が超おすすめです!

U-NEXTはこちら

U-NEXTはドラマ・アニメ・映画など全10万本以上の動画ある動画配信サービスです。

じゃあ、漫画は関係ないのでは?

そう思うかもしれませんが、
実はU-NEXTでは漫画も読むことができるんです!!

しかも、新規登録から31日間は無料です! 31日以内に登録解除すれば、1円も使わずに漫画を読むことができますよ!

ただ、最新巻などを読むときはお金がかかってしまうのですが、今なら特典で600円分のポイントが貰えちゃうんです!

U-NEXTで漫画を無料で読む

当たり前ですが、漫画だけではなく、動画も31日間であれば無料で視聴できますよ!