神様のバレーのネタバレ!最新刊の発売日はいつ?

今回は「作画 西崎泰正 原作 渡辺ツルヤ」先生の『神様のバレー』というマンガを読んだので、ご紹介したいと思います。

※記事中にはネタバレを含みますので、お先に立ち読みをお勧めします!
ココなら無料で見れますよ。

私はここで読みました♪ 「神様のバレー」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『神様のバレー』を無料で立ち読み

神様のバレーのあらすじ

アナリスト、それは相手のデータを分析し、ベンチ外から監督に作戦を指示するチームの黒幕のような存在です。

実業団のバレーボールチームでアナリストをしている阿月聡一。

彼は一流のアナリストなのですが、生意気で型破りのため周囲からは浮いています。

そんな彼に実業団の会長から、ある賭けが持ち掛けられました。

それは万年一回戦負けの中学校のバレー部を、全国制覇させることが出来れば、日本代表の監督になれるというものです。

阿月は弱小チームを全国優勝させることは出来るのでしょうか!?

破天荒なアナリストが主人公の、熱血スポ根漫画のスタートです。

神様のバレーのネタバレ

実業団のバレーボール部が試合を行っている中、ガンマンズというチームのアナリストの阿月は、専用席でゲームをしていました。

阿月
「おい木下、このゾンビみたいなのって魔法効くの?」

同じアナリストの木下にゲームの攻略法を聞いています。

木下
「あーそのボスは炎系の魔法に弱いっすよ、見た目ゾンビみたいっすけど意外と聖水とか効果ないんすよねー」

そんな会話をしていると、相手チームがタイムアウトをとりました。

阿月
「一応タイムの後のサーブは6番狙うように言っといてくれ」

ゲームをしながらも、彼はチームに指示を出します。

阿月
「あーそれからもし相手のサーブレシーブが成功したとしても、クイックはねえからな、今前衛誰よ」
木下
「えっと片山、溝手、川上っす」
阿月
「なら川上と溝手2枚をレフトに、片山にはバックアタックをマークさせろ」

この作戦に木下は驚いてしまいます。

なぜなら相手のファイヤーズというチームは、終盤のクイック決定率が75%もあるからです。

それなのにクイックよりもレフトを警戒させる阿月。

この作戦には木下だけでなく、監督も驚いてしまっています。

実は阿月がこの作戦を仕掛けるのには、ある理由がありました。

試合前のアップを観察していた阿月は、クイックを得意とする相手チームの3番が、いつものストレッチをしていないことを見つけていました。

そのためいつものクイックではなく、レフト攻撃をしてくると読んでいたのです。

この予想は見事に的中し、ガンマンズは試合に勝利しました。

阿月
「俺のバレーは数字じゃねえ、嫌がらせなんだよ」

全日本男子がロンドン五輪に出場できなかった理由を、人が良すぎるせいだと語る阿月。

技術や身体能力で欧州や南米諸国には勝てない日本。

そのためにはデータを集めることも大事ですが、それ以上に相手の嫌がるプレーが必要だと彼は考えているのです。

そんな彼の手法はズバッと当たり、弱小だったガンマンズは二年連続でリーグ戦を制しました。

阿月
「覚えとけ、俺はこんなチームのアナリストで終わるつもりはねえ、いつか全日本を引き連れて世界を制する!」

木下に熱く語る阿月だったのです。

その後、ロッカールームでミーティングをしていると、チームの親会社の会長がやって来ました。

会長に対しても自信満々な態度で接する阿月。

すると会長からある提案をされました。

それは会長の知人が経営する学校の弱小バレー部を、全国制覇させてほしいというものです。

もし成し遂げたなら監督の座を用意すると言う会長。

阿月
「おっと、学生バレーなんてメダカ育てるようなみみっちい真似して、全国制覇した暁にガンマンズの監督?それのどこが好条件なんだよ!?」

しかし会長の言う監督とは、全日本男子の監督のことでした。

2016y11m22d_152047161

この提案を受け入れた阿月。

高校のバレーボールの大会は、インターハイ、春高、国体と三つあり、阿月はどれか一つでも優勝すればいいと楽観的に考えていました。

ですが彼が受け持つバレー部は、高校ではなく中学校のバレー部でした。

前途多難な阿月の全日本男子の監督への道。

彼は有言実行することが出来るのでしょうか!?

私はここで読みました♪ 「神様のバレー」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『神様のバレー』を無料で立ち読み

感想と最新刊の発売日

アナリストの型にはまらない阿月の姿が、とても印象的でした。

データ重視の作戦すら彼には古いものになるんですね。

新しい手法を取り入れ、相手の真似をしないという彼の考え方には共感できましたよ。

体格や技術で負けている相手と、同じことをしても意味がないですからね。

そのことを熱く語る阿月の姿には、胸にグッとくるものがありました。

自分を神と呼ぶキャラも、彼のオレ様な態度にピッタリだと思いましたよ。

『神様のバレー』は第12巻が2017年1月16日に発売されました。

最新刊となる第13巻は、2017年5月18日頃の発売が予想されています。

私はここで読みました♪ 「神様のバレー」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『神様のバレー』を無料で立ち読み

こんな人におすすめ♪

スポーツ漫画が好きな人におすすめです。

バレー経験のない人でも、楽しく読むことが出来ますよ。

何かしらの部活をやっていた人には、特におすすめの物語です。

この物語で青春時代の熱い気持ちを思い出してみてはいかがですか?

『神様のバレー』は現在まんが王国で無料の試し読みが出来ます。

もし期限切れの場合は、こちらの方法も試してみてくださいね。↓↓↓

漫画を無料で読みたいなら・・・

漫画は基本的に無料で読むことはできません。

電子書籍サイトの無料立ち読みも全部読めるわけではありませんし、違法アップロードされた漫画をダウンロードして読むのはリスクがあります。

でも、どうしても無料で読みたい。

そんな時は「U-NEXT」が超おすすめです!

U-NEXTはこちら

U-NEXTはドラマ・アニメ・映画など全10万本以上の動画ある動画配信サービスです。

じゃあ、漫画は関係ないのでは?

そう思うかもしれませんが、
実はU-NEXTでは漫画も読むことができるんです!!

しかも、新規登録から31日間は無料です! 31日以内に登録解除すれば、1円も使わずに漫画を読むことができますよ!

ただ、最新巻などを読むときはお金がかかってしまうのですが、今なら特典で600円分のポイントが貰えちゃうんです!

U-NEXTで漫画を無料で読む

当たり前ですが、漫画だけではなく、動画も31日間であれば無料で視聴できますよ!