暁星記のネタバレ!未来の惑星で生活する人類の姿とは?

今回は「菅原雅雪」先生の『暁星記』というマンガをご紹介したいと思います。

※記事中にはネタバレを含みますので、お先に立ち読みをお勧めします!
ココなら無料で見れますよ。

サイト内で「暁星記」と検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『暁星記』を読んでみる

暁星記のあらすじ

かつて金星と呼ばれた世界。

何十億年もの間、炎に包まれていたこの惑星を、人類は僅か数百年で造り変えてしまいます。

しかしその一万年後、この惑星は遺伝子操作により巨大化した生物たちに支配されていました。

その過酷な環境の中、スズシロ村に住むヒルコという若者は必死に生きていました。

いつかこの世界の秘密を知るまで、彼の冒険が終わりを迎えることはありません。

過酷な運命の中で生きる若者を描いた、ファンタジー漫画の幕が上がります。

暁星記のネタバレ

植物や生物が巨大化した金星で、ヒルコは仲間たちと共に必死に生きています。

この日のヒルコたちは、自分達よりも数倍以上大きなトゲトカゲを狩ろうとしていました。

当然ながらこの狩猟には危険がつきまとうので、彼らは慎重に行動を開始します。

まずはヒルコがトゲトカゲの背後に回り、後ろ足を木に縛り付けました。

ヒルコ
「コブハチッ、早く舌を打ちつけろ!!」

仲間に指示を出すのですが、要領が悪いコブハチは上手く舌を打ちつけることが出来ません。

さらに彼は動きが遅いため、トゲトカゲに飲み込まれそうになってしまいました。

2016y12m20d_183210072

すぐにヒルコたちが助けに行きます。

ヒルコ
「アシカビ早く止めを刺せ!」

飲み込まれそうなコブハチを助けながら、早くトゲトカゲを仕留めるように仲間に指示をします。

ですがその間に、後ろ足を縛っていた縄が切れてしまいました。

怒ったトゲトカゲは、全身に生えている棘を飛ばそうとしてきます。

全員が棘に警戒する中、ヒルコだけは勇敢に立ち向かいトゲトカゲを狩ることに成功しました。

見事に食料を確保したヒルコたち。

トゲトカゲを解体する前に、いつも行っている儀式を始めます。

ヒルコ
「我願い賜う、万物を生み出す母なる森よ、貴方の胎内より取り出したこの清水と共に、不浄の行いが流されんことを」

トゲトカゲの体に森で汲んだ水をかけながら、冥福を祈りました。

儀式を終えた彼らは、すぐに解体を始めるのですが、その様子を一頭の大猿が森の奥から見ていました。

シシザル
「狩猟が不浄の行いとは今時珍しい人間どもだな、自らの行いを慣習によって戒めることを忘れていないようだ」

この大猿はシシザルといい、遺伝子操作により巨大化した猿の一種です。

その後、トゲトカゲの肉を様々な調理法で食材にしていくヒルコたち。

夜になり食事を取ることにしました。

そこでは初めて猟に参加した子供たちが、ヒルコに神話を話してとお願いをしてきました。

いつもは巨人の神話を話すのですが、この日のヒルコは別の神話を語り始めます。

ヒルコ
「今夜はお前たちの最初の狩りの夜だからな、特別な話をしてやる」

彼が話すのは森の底の地獄についてでした。

ヒルコ
「最初この森は今とは比べものにならないほど小さくて、人間は皆地上を歩いていた」

地上というのは巨大化した森の底のことです。

人類は以前、木の背丈が低かったので楽に木の実をとることが出来ました。

獲物も隠れる場所が少なかったので、今よりも楽に捕獲することが出来ていました。

ですが木が成長し森が巨大化すると、地上には飢えた人類だけが残ってしまったのです。

そのため人類は少ない獲物を求めて争うようになり、時には殺し合いその肉を食べることもありました。

人類の野蛮な行動に怒った神様は、森の底を地獄として人を食べた者をそこに住ませるようにします。

それ以外の人間は森の上を住処としました。

これ以降地獄の住人はオニと呼ばれ、忌み嫌われるようになっていったのです。

子供たちは森の上だからオニが来ないと安心するのですが、この話にはまだ続きがありました。

ヒルコ
「森の上にいる人間が悪い行いをすれば、死後オニに生まれ変わる、そしてオニが死ぬとシシザルに生まれ変わるのさ!」

彼らの会話を正にそのシシザルが木の上で聞いています。

2016y12m20d_183248836
ヒルコ
「シシザルはな人間を食えば人間に生まれ変われると信じてるのさ!」

その言葉通り、シシザルたちが彼らに襲い掛かる準備を始めました。

果たしてヒルコたちはこのピンチを切り抜けられるのでしょうか!?

ネタバレはここまでになりますので、続きは漫画をご覧になってお楽しみください。

サイト内で「暁星記」と検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『暁星記』を読んでみる

暁星記を読んだ感想

別世界になってしまった金星を舞台に、人間が奮闘する姿を描いていますね。

自分たちの祖先が壊滅した大自然が、牙を向いてくる状況が恐ろしかったです。

環境破壊などの大事な問題も盛り込んでいるので、とても読み応えがありました。

ただのファンタジー漫画ではなく、今考えなければならないことが詰まった物語だと思いましたよ。

この壮大なストーリーを多くの人に楽しんでもらいたいですね。

サイト内で「暁星記」と検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『暁星記』を読んでみる

こんな人におすすめ♪

SFやファンタジー漫画が好きな人におすすめしたい作品です。

奥の深いテーマを独特の世界観で描いています。

この圧倒的な迫力を存分に味わってみてください。

『暁星記』は、現在ハンディコミックで無料の試し読みが出来ます。

そちらで読み足りない人は、、こちらの方法も試してみてくださいね。↓↓↓

漫画を無料で読みたいなら・・・

漫画は基本的に無料で読むことはできません。

電子書籍サイトの無料立ち読みも全部読めるわけではありませんし、違法アップロードされた漫画をダウンロードして読むのはリスクがあります。

でも、どうしても無料で読みたい。

そんな時は「U-NEXT」が超おすすめです!

U-NEXTはこちら

U-NEXTはドラマ・アニメ・映画など全10万本以上の動画ある動画配信サービスです。

じゃあ、漫画は関係ないのでは?

そう思うかもしれませんが、
実はU-NEXTでは漫画も読むことができるんです!!

しかも、新規登録から31日間は無料です! 31日以内に登録解除すれば、1円も使わずに漫画を読むことができますよ!

ただ、最新巻などを読むときはお金がかかってしまうのですが、今なら特典で600円分のポイントが貰えちゃうんです!

U-NEXTで漫画を無料で読む

当たり前ですが、漫画だけではなく、動画も31日間であれば無料で視聴できますよ!