海とドリトルのネタバレ!最終回は?無料で試し読みならココ!

今回は「磯谷友紀」先生の『海とドリトル』というマンガを読んだので、ご紹介したいと思います。

※記事中にはネタバレを含みますので、お先に立ち読みをお勧めします!
ココなら無料で見れますよ。

私はここで読みました♪ 「海とドリトル」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『海とドリトル』を無料で立ち読み

海とドリトルのあらすじ

失恋の傷を癒そうと富士山登頂をすることにした七海。

彼女はそこで奇妙な二人組の男性と出会いました。

彼らは海洋動物の行動を観察する研究者だったのです。

ひょんなことから彼らと海に出ることになった七海は、そこで巨大なクジラを目撃します。

その圧倒的な迫力に魅了された七海。

このことをきっかけに、彼女も研究者への道を目指すことになるのでした。

海洋動物に魅せられた女性の成長を描く、ヒューマンドラマが幕を開けます。

海とドリトルのネタバレ

七海という名前は、海と少女を題材にしたアニメが好きだった母親が付けてくれたものです。

そんな彼女は大学に入ってから、二年間付き合った彼氏にフラれました。

その彼氏と行くはずだった富士登山に、一人でやって来た七海。

七海
「あーなんで富士山になんかのぼってしまったのか?せっかくなら暑い海に行くんだったなァ」

早くも富士登山に来たことを後悔していました。

彼女はフラれて以来、ずっと濁った水たまりの中にいるような感覚がしていて、早くそこから浮上したいと思っています。

そんなことを考えていると、アンテナのような物を持った男性二人が現れ、座り込んでいる七海とぶつかってしまいました。

陸男
「わっすみません!大丈夫すか!よそ見してて」
七海
「大丈夫・・・リュックだったので」

体に直接触れたわけではないので、七海に怪我は全くありません。

その後もアンテナを持ちながら、男性たちは何かの反応を探しています。

七海が彼らを怪しんでいると、男性の一人が倒れてしまいました。

その男性をもう一人の男性がおんぶして山を下りようとするのですが、機材などがたくさんあり困っています。

七海
「あのーよかったら持ちましょうか?」
陸男
「えっといいんですか?俺らもう下りるんですけど」

そのまま七海は彼を手伝いながら下山しました。

改めて男性からお礼を言われます。

七海
「あのう、さっきクジラがいたとか言ってましたけど、富士山でなぜクジラ?」
陸男
「あぁこれからちゃんと海に行くんすよー、クジラを探してまして」
七海
「クジラ・・・」
陸男
「はい、俺ら海洋動物関係の研究室にいるんで、あ、この人先生です」

倒れた男性は研究室の先生で烏丸という名前でした。

そして彼をサポートする男性は陸男と名乗ってくれました。

七海
「あのう、何か手伝うことがあればー、そのーつまり暇人なもんで!」
陸男
「いいんすか!?まじで助かる!」

こうして二人と共に海に向かうことになった七海。

船が出航するとようやく烏丸が目を覚ましました。

烏丸
「え、あんた誰」

陸男が助けてくれた人だと七海を紹介しても、烏丸は素っ気ない態度を取ってきました。

どうやら彼は人づきあいがあまり得意ではないようです。

そんな船の上では、受信機のような物が絶えず音を出していました。

七海
「あのう何を探してるんですか?クジラの群れか何か?」
陸男
「えーとね、データロガーっていうクジラとかの海洋動物につけて観察する装置をね」

データロガーという言葉を初めて耳にした七海。

陸男
「クジラの生態って人間が潜ってカメラで撮るのには限界があるでしょ」

そのためデータを取るための装置をクジラに付けて、はがれたデータロガーを回収しに来たというのです。

陸男
「高い所でしか装置の場所を受信できないから、富士山に登ってたんだよねー」

クジラ自体を見つけることが目的じゃないことが分かり、七海のテンションは一気に落ちてしまいました。

しかし次の瞬間、巨大なクジラが姿を現します。

2016y11m30d_190248579

このクジラに七海の心はあっという間に魅了されてしまいました。

その後、無事にデータロガーを回収して、三人は陸に戻りました。

七海
「見つかった装置ってどうするんですか?」
陸男
「ああコレ?これに仕込んであるカメラとか色々解析するんだよー」
七海
「へぇーそっかー、おもしろいことばっかりじゃないんでしょうね」
陸男
「え、全部おもしろいよ」

七海が大学で心理学を専攻していることを聞いた陸男。

陸男
「心理学と行動学、遠からずって感じかなー」
七海
「それにしてもクジラやばかったー、久々に震えました」

そんな七海に烏丸は、海洋動物学への招待という本を渡してくれました。

この本を受け取った七海は、濁った水たまりからやっと浮上できたと思うのでした。

2016y11m30d_215904534

私はここで読みました♪ 「海とドリトル」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『海とドリトル』を無料で立ち読み

海とドリトルの最終回は?

春になり、七海は烏丸の研究室に編入しました。

ここで烏丸や陸男たちに色々と教わりながら、七海は海洋動物の研究に没頭していきます。

物語が最終回へ向かう中、七海は自ら回収したデータロガーを基に卒論作成に入ります。

烏丸に色々と相談しながら、無事に卒論を完成させた七海。

こうして彼女は、正式に研究室の一員として採用されることになりました。

烏丸とも良い雰囲気になったのですが、物語の中で二人が恋愛関係になることはありませんでした。

そんな七海の成長の結末は、是非ご自身の目で確かめて下さいね。

私はここで読みました♪ 「海とドリトル」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『海とドリトル』を無料で立ち読み

海とドリトルを読んだ感想

海洋動物の研究者たちの姿を細かく描写していると思いました。

知らない言葉なども多く、とても勉強になりました。

ただ研究者を描くのではなく、七海のような明るいヒロインを登場させてくれてるので、すごく読みやすかったですよ。

彼女が海洋動物に情熱を傾ける姿が、とても印象的でした。

性別に関係なく、たくさんの人に読んでもらいたい素敵な物語だと思います。

そんな『海とドリトル』は、現在まんが王国でじっくり試し読みが出来ます。

もしも期限が切れていた場合は、こちらの方法も試してみてくださいね。↓↓↓

漫画を無料で読みたいなら・・・

漫画は基本的に無料で読むことはできません。

電子書籍サイトの無料立ち読みも全部読めるわけではありませんし、違法アップロードされた漫画をダウンロードして読むのはリスクがあります。

でも、どうしても無料で読みたい。

そんな時は「U-NEXT」が超おすすめです!

U-NEXTはこちら

U-NEXTはドラマ・アニメ・映画など全10万本以上の動画ある動画配信サービスです。

じゃあ、漫画は関係ないのでは?

そう思うかもしれませんが、
実はU-NEXTでは漫画も読むことができるんです!!

しかも、新規登録から31日間は無料です! 31日以内に登録解除すれば、1円も使わずに漫画を読むことができますよ!

ただ、最新巻などを読むときはお金がかかってしまうのですが、今なら特典で600円分のポイントが貰えちゃうんです!

U-NEXTで漫画を無料で読む

当たり前ですが、漫画だけではなく、動画も31日間であれば無料で視聴できますよ!