VANILLA FICTIONのネタバレ!最終回はどうなる?

今回は「大須賀めぐみ」先生の『VANILLA FICTION』というマンガを読んだので、ご紹介したいと思います。

※記事中にはネタバレを含みますので、お先に立ち読みをお勧めします!
ココなら無料で見れますよ。

私はここで読みました♪ 「VANILLA FICTION」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『VANILLA FICTION』を無料で立ち読み

あらすじ

佐藤忍はバッドエンドしか書けない小説家です。

そんな彼は次回作の構想が浮かばずに悩んでいました。

ある日、街をぶらつく彼は猟奇事件に巻き込まれてしまいます。

少女が殺されそうになる中、なんとか逃げ延びる手段を模索する佐藤。

しかし逃げ延びた彼に待ち受けていたのは、自分の書いた小説と同じ展開だったのです。

嘘のような現実に振り回される彼の運命とは!?

予測不可能な衝撃の展開を目の当たりにしてください!

ネタバレ

世界を救うために選ばれた少年が、虫食いの穴を開けるため次々と殺人を犯していく。

その姿を描いた虫くいという小説。

この小説は大ベストセラーとなり、映画化もされました。

その作者の佐藤忍が雑誌のインタビューを受けています。

佐藤忍
「私はバッドエンドしか書かないんじゃない、書けないんだ」

自分のように偏った作品しか書けない作家には、未来が無いと思っている佐藤。

そんな彼を若手作家たちは、決まりきったスタイルでつまらないと悪評しています。

その評価にイラつく佐藤は、次回作の構想が一割もまとまっていませんでした。

彼の言うように、このままの作風だと飽きられてしまうと考える担当の編集者からは、次回作はハッピーエンドにしてほしいと頼まれています。

佐藤忍
「わかってるんだが書けないんだ、きっと私がハッピーエンドを書けるのは、世界で一番幸せだと感じられた時だ」

インタビューと担当との打ち合わせを終えた佐藤は、街を歩きながら人間観察をしていました。

佐藤忍
「幸せそうなアベック、彼らに悲劇的な結末をもたらすにはどうしたらいい?」

街行く人間を見ながら小説の構想を考えるのですが、どうしてもバッドエンドしか考えつきません。

そんな彼がバスに乗ろうとすると、若者にサインをお願いされました。

ジャケットの背中にサインをしてあげたのですが、この間にバスは出発してしまいました。

佐藤忍
「うっかりサインなんてしてやるんじゃなかった、バスもタクシーも全く来ないし、まさか駅まで歩くことになるとはな」

そんなことを考えていると、彼の頭にぬいぐるみのようなストラップが落ちてきます。

頭上を見上げると、ビルの窓際に腰をかけた少女の姿がありました。

2016y11m28d_144843077
佐藤忍
「天使・・・届けてやるか」

軽い気持ちでビルの中へ入っていきます。

エレベーターが動いていないため、階段を上り少女のいる部屋へと向かいました。

佐藤忍
「失礼、落とし物を・・・」

彼がそこで見たものは、ナイフを持った青年が男性を斬りつけている場面でした。

2016y11m28d_153333702

あまりの驚きに声も出せずに立ち尽くしていると、男性が佐藤に助けを求めてきます。

しかしナイフの青年が男性を突き飛ばしてしまいました。

佐藤忍
「やばい!何だ!?何がどう・・・全くわからない、ただ一つ確かなことはあの男の次は私、私が殺される!」

四階のこのフロアには出口が一つしかありません。

必死に頭をフル回転させ、脱出方法を考えます。

佐藤忍
「くそっ!どんな展開を考えても、バッドエンドにしかならない!」

彼の脳ミソは、肯定的な結末を導き出すようには出来ていません。

そこで佐藤は逆にナイフの青年のバッドエンドを想像してみることにします。

彼の言葉の一つ一つを観察し、この男の悲劇を想像する佐藤。

佐藤がここから導き出した答えは、ナイフの青年の目的は男性を殺害し、窓際の少女を拉致するというものでした。

そのため少女を窓から突き落とせば、彼の注意はそちらに向くと考えました。

案の定少女を突き落とすと、ナイフの青年は慌てて少女を助けに向かいます。

少女は窓の外にある室外機に乗っかっていて無事でした。

そしてこの隙をついて佐藤は逃げ出し、殺されかけていた男性はナイフの青年を窓から突き落として殺してしまいます。

佐藤忍
「くそっ足がすくんで・・・しっかりしろ、もうすぐ出口だ」

逃げようとする佐藤を、少女を連れた瀕死の男性が追いかけて来ました。

世界を破滅から救うため、葉っぱに穴を開ける役に選ばれたと語る男性。

その言葉は、正に佐藤が書いた虫くいの中のセリフでした。

男性は指輪を少女に渡すと、そのまま力尽きてしまいます。

少女はゆっくりと佐藤の元に歩み寄ります。

彼の薬指に指輪をはめた少女。

エリ
「わたしうそをついたり、ものを盗ったり、大きな声を出したり、いけないことはやりません、いい子にできます、これからどうぞよろしくお願いします」
佐藤忍
「わけがわからない、なぜ私がお前を守らなければいけないんだ、世界の破滅!?虫食いの穴!?それは私の小説の話だ!」

すると困惑する佐藤の前に、一人の青年が現れました。

青年
「そう、先生の小説と同じだよ、奇遇だね、俺達も小さな虫食いの穴を開けて、世界を救おうとしてるんだ」

よく見てみると、彼は先ほどバスを待つ間にサインをしてあげた青年でした。

この青年によって、小説よりも面白い悲劇的な物語に導かれる佐藤。

彼はここからどうなってしまうのでしょうか!?

私はここで読みました♪ 「VANILLA FICTION」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『VANILLA FICTION』を無料で立ち読み

最終回は?

偶然か必然かも分からず、エリという少女を助けた佐藤。

彼はここから双六ゲームというものに参加することになります。

最後の対戦相手を迎えた佐藤は、エリに自分の死を悟られずにゲームを終了させることを画策します。

本当の彼は自分の作った物語で、誰かを幸せにしたいと思っていました。

そんな佐藤の願いが通じたのか、彼はエリを幸せにして自分の役割を終えていくのでした。

感動的な最終回と詳しい内容は、漫画を読んでご自分の目で確かめてくださいね。

私はここで読みました♪ 「VANILLA FICTION」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『VANILLA FICTION』を無料で立ち読み

感想

自分の書いた小説の世界に巻き込まれるといった、不思議な体験をすることになった主人公。

彼の戸惑う表情にリアリティーを感じました。

全く予想がつかない展開にも、ハラハラドキドキしながら読んでいきましたよ。

良い意味で予想を裏切ってくれる展開なので、とても面白かったです。

『VANILLA FICTION』は、現在まんが王国でじっくり試し読みが出来ます。

もしも期限が切れていた場合は、こちらの方法も試してみてくださいね。↓↓↓

漫画を無料で読みたいなら・・・

漫画は基本的に無料で読むことはできません。

電子書籍サイトの無料立ち読みも全部読めるわけではありませんし、違法アップロードされた漫画をダウンロードして読むのはリスクがあります。

でも、どうしても無料で読みたい。

そんな時は「U-NEXT」が超おすすめです!

U-NEXTはこちら

U-NEXTはドラマ・アニメ・映画など全10万本以上の動画ある動画配信サービスです。

じゃあ、漫画は関係ないのでは?

そう思うかもしれませんが、
実はU-NEXTでは漫画も読むことができるんです!!

しかも、新規登録から31日間は無料です! 31日以内に登録解除すれば、1円も使わずに漫画を読むことができますよ!

ただ、最新巻などを読むときはお金がかかってしまうのですが、今なら特典で600円分のポイントが貰えちゃうんです!

U-NEXTで漫画を無料で読む

当たり前ですが、漫画だけではなく、動画も31日間であれば無料で視聴できますよ!